<黒米の炊き方>



 

<材料>
黒米  1/2合 (75g) (炊きあがりは約130g)
  *
使い切りやすい量として1/2合使用しました。
水  150ml




<炊き方>

1・黒米1/2合は目の細かいざる等に入れて水を通してさっと洗う。
※黒米などの有色米は白米と違い、水を変えて何回も洗う(研ぐ)必要はありません。洗いすぎると反対に栄養を流してしまうことになります。

2・洗った黒米と水150mlを鍋に入れて1時間以上浸水させる。(直径15〜18センチくらいの鍋)

3・2の鍋を火にかけ沸騰したら弱火にし、蓋をして10〜15分加熱する。この時、鍋の中が沸々と沸騰を続ける火加減にすること。加熱後、黒米が柔らかくなっていることを確かめ、まだ水分が残っているようなら蓋をとった状態で弱火で加熱し、残っている水分を飛ばす。

4・火を止めて10分くらい蒸らす。 炊いた黒米は小分けにしてラップで包み、冷凍保存可能。

 

◯コツ・ポイント
雑穀を茹でる場合、茹で汁は茹でこぼしますが、茹で汁の中には雑穀から溶け出した栄養成分が入っています。茹でこぼすといくらかの栄養成分を流すことになるので、炊くという加熱方法の方が無駄がないと言えます。また炊いた雑穀の方がモチモチとした食感は強くなります。ただ茹でる場合は水の量を何ml等、気を使わなくても良いので気軽です。その時々の状況で使い分けてみて下さい。

 

◯レシピを作った人

藤崎昌美


日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー。「小粒な暮らし」を主宰。雑穀の美味しさ素晴らしさにひかれ小さな料理教室を開催するようになりました。小さな粒々の雑穀やお豆を使ったお料理をご紹介しています。たくさんの栄養を持った雑穀をご飯で食べるだけではなくお料理にも気軽に使って頂きたいので簡単に作れるお料理を心掛けています。
 


<こちらの商品で作りました!>


Top