<黒米と梅、わかめのご飯>
  黒米と梅干し、乾燥わかめを一緒に炊きこんで作るご飯です。炊飯器の蓋を開けた時のインパクト大です。さっぱりしているので食欲がない時にもおすすめです。

 

<材料> (2合分)
黒米1/4合(40g)
白米 1と3/4合
乾燥わかめ 15g
梅干し 中粒2〜3個




【下準備】

1・黒米は目の細かいざる等に入れて水を通してさっと洗い、1合(180ml)の水に1時間以上浸水させる。

2・白米は研いで15分〜30分浸水後、ざる上げしておく。

<作り方>
1・炊飯器の内釜にざる上げした白米、浸水した黒米と浸水した水を入れる。2合の目盛りに水加減を調整する。

2・スイッチを入れる直前に梅干しと乾燥わかめ(水戻しはしない)をお米の上に乗せ、水40mlを加えて炊飯する。

3・炊きあがったら梅干しの種を除いてからほぐし、全体に混ぜあわせる。


◯コツ・ポイント
雑穀を茹でる場合、茹で汁は茹でこぼしますが、茹で汁の中には雑穀から溶け出した栄養成分が入っています。茹でこぼすといくらかの栄養成分を流すことになるので、炊くという加熱方法の方が無駄がないと言えます。また炊いた雑穀の方がモチモチとした食感は強くなります。ただ茹でる場合は水の量を何ml等、気を使わなくても良いので気軽です。その時々の状況で使い分けてみて下さい。


◯レシピを作った人

藤崎昌美
日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー。「小粒な暮らし」を主宰。雑穀の美味しさ素晴らしさにひかれ小さな料理教室を開催するようになりました。小さな粒々の雑穀やお豆を使ったお料理をご紹介しています。たくさんの栄養を持った雑穀をご飯で食べるだけではなくお料理にも気軽に使って頂きたいので簡単に作れるお料理を心掛けています。



<こちらの商品で作りました!>


Top