<黒米のプチプチハンバーグ>

炊いた(茹でた)黒米を肉だねに混ぜて作るプチプチした食感が楽しいハンバーグです。
醤油とバルサミコ酢、赤ワインを合わせて作るソースでいただきます。


 

<材料>
炊いた黒米 40g(茹でた黒米でも可)
合いびき肉 150g
玉ねぎ 100g(中1/2個)
塩 小さじ1/3
黒こしょう 少々
ナツメグ  少々
溶き卵   大さじ1
焼き油   大さじ1
赤ワイン  50ml
 ○ソース
バルサミコ酢 大さじ1
醤油  大さじ1
蜂蜜  小さじ1/2




<作り方>・直径6センチくらいのもの4個分

1・黒米は黒米の炊き方を参考に炊いておく。
茹でた黒米を使う場合は黒米をさっと洗い多めの水に1時間以上浸水させてから鍋で茹でる。 沸騰後、沸々と沸騰を続ける火加減で10〜15分加熱する。 食べてみて柔らかくなっていればざるなどに茹でこぼす。

2・
玉ねぎはみじん切りにして少量の油(分量外)でしんなりするまで炒め、粗熱をとっておく。

3・炒めた玉ねぎの粗熱がとれたらボールに入れ、合いびき肉、塩、黒こしょう、ナツメグ、溶き卵を入れ練り合わせる。 最後に炊いた(茹でた)黒米を加え、全体に混ぜ込む。

4・肉だねを4等分にし、手に油をつけて直径6センチくらいの小ぶりなハンバーグを作る。

5・フライパンに焼き油を入れて全体にまんべんなく回し中火にかける。

ハンバーグを並べ入れて弱めの中火で3分焼き、裏返して2分焼く。蓋をしたまま2〜3分蒸らす。

6・ソースの材料を小鍋に入れて弱火で煮詰める。少し濃度がついたら蜂蜜を入れて溶かし火を止める。



 

◯コツ・ポイント
雑穀を茹でる場合、茹で汁は茹でこぼしますが、茹で汁の中には雑穀から溶け出した栄養成分が入っています。茹でこぼすといくらかの栄養成分を流すことになるので、炊くという加熱方法の方が無駄がないと言えます。また炊いた雑穀の方がモチモチとした食感は強くなります。ただ茹でる場合は水の量を何ml等、気を使わなくても良いので気軽です。その時々の状況で使い分けてみて下さい。

 

◯レシピを作った人

藤崎昌美


日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー。「小粒な暮らし」を主宰。雑穀の美味しさ素晴らしさにひかれ小さな料理教室を開催するようになりました。小さな粒々の雑穀やお豆を使ったお料理をご紹介しています。たくさんの栄養を持った雑穀をご飯で食べるだけではなくお料理にも気軽に使って頂きたいので簡単に作れるお料理を心掛けています。
 


<こちらの商品で作りました!>


Top