<黒米ドレッシングのトマトサラダ>
  炊いた(茹でた)黒米がドレッシングを吸ってもっちりとした食感になり、トマトとよく絡みます。簡単で美味しいマリネ風サラダです。茹でたオクラ、インゲンなどの緑野菜とも合います。

 

<材料> (2人分)
炊いた黒米40g(茹でた黒米でも可)
完熟トマト 中2個
赤玉ねぎ 30g(1/8個)
(玉ねぎでも可)
○ドレッシング
・赤ワインビネガー 大さじ1
(他の酢でも可)
・塩  小さじ1/4
・ 黒こしょう  少々
・ 蜂蜜   小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1




<作り方>

1・黒米は黒米の炊き方を参考に炊いておく。
茹でた黒米を使う場合は黒米をさっと洗い、多めの水に1時間以上浸水させてから鍋で茹でる。 沸騰後、沸々と沸騰を続ける火加減で10〜15分加熱する。食べてみて柔らかくなっていればざるなどに茹でこぼす。

2・赤玉ねぎは粗みじん切りにする(水にはさらさない)。トマトはヘタをくり抜き、食べやすい大きさに切る。

3・ドレッシングの材料を合わせ、炊いた(茹でた)黒米と赤玉ねぎを混ぜる。
※茹でた黒米を混ぜる場合は茹で汁をしっかりきってから混ぜること。

4・切ったトマトをドレッシングで和えて器に盛り付け、よく冷やしてからいただく。


◯コツ・ポイント
雑穀を茹でる場合、茹で汁は茹でこぼしますが、茹で汁の中には雑穀から溶け出した栄養成分が入っています。茹でこぼすといくらかの栄養成分を流すことになるので、炊くという加熱方法の方が無駄がないと言えます。また炊いた雑穀の方がモチモチとした食感は強くなります。ただ茹でる場合は水の量を何ml等、気を使わなくても良いので気軽です。その時々の状況で使い分けてみて下さい。



◯レシピを作った人

藤崎昌美
日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザー。「小粒な暮らし」を主宰。雑穀の美味しさ素晴らしさにひかれ小さな料理教室を開催するようになりました。小さな粒々の雑穀やお豆を使ったお料理をご紹介しています。たくさんの栄養を持った雑穀をご飯で食べるだけではなくお料理にも気軽に使って頂きたいので簡単に作れるお料理を心掛けています。



<こちらの商品で作りました!>


Top