【新豆】令和2年北海道産在来種
青えんどう豆(うぐいす豆) 中山農園

北海道産青えんどう豆


青えんどうは主にうぐいす豆やうぐいす餡、豆ごはんに利用されています。

エンドウ(豌豆)の一種で、さやが柔らかい軟莢種はサヤエンドウ、

また乾燥前の子実はグリーンピースとして食べられ、さやが硬い硬莢種の子実を

乾燥させたものがこの青えんどうです。近年では中国産やカナダ産、アメリカ産の

輸入が多くなってきましたが、やはり国産の青えんどうの方が風味があっておいしいです。




青えんどう豆でタルト


甘煮だけじゃない青えんどう豆。食べ応えのある青えんどうをたっぷり使用した

青えんどう豆のタルト。料理研究家山崎志保(料理山研究所)さん考案のレシピです。

意外にも、青えんどう豆はチーズと生クリームとの相性もバッチリ。

甘煮だけじゃない、豆の美味しさを感じられるタルト。ぜひお試しください。




\ 私たちがつくりました! /

:中山農園の家族のみなさん

日本最北の長流、天塩川が流れ、豊富な水源をもとに見渡す限り続く広大な北の大地で、

米・豆・モロコシ・カボチャ・じゃがいも・甜菜等、多くの農作物を家族で栽培している

中山農園(田舎塾)さん。当店では中山農園の米、白小豆、えんどう豆、

茶豆等を取り扱っております。毎年の収穫時期を楽しみにされている方が多くいらっしゃいます。

中山農園のみなさん、いつも美味しいお豆をありがとうございます。




青えんどうのレシピ





『令和2年産のお豆情報』

今年は、6月7月の長雨に、8月の高温による干ばつで、豆がやや小粒です。

それでも、丹精込めて作った中山農園の豆は、別格の美味しさです。



商品名青えんどう豆
原産地北海道
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。密閉容器やジッパー付き保存袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すると長期保存が可能になります。
300g 700円(税込)
500g 1000円(税込)
1kg 1700円(税込)
販売価格
700円(税込) 〜
購入数


Top