緑豆

 

 

緑豆



緑豆は日本では主にもやしの原料として使われていますが、

中国では古くから薬膳・漢方の生薬として使われてきました。

緑豆の効能としては、血中脂肪を下げる・コレステロール値を下げる・抗アレルギー・

抗菌・抗癌・食欲増進・肝臓や腎臓の保護などの効用があると言われています。

解熱効果もあり、台湾では夏の暑い日によく食べられています。

 

お好み雑穀をブレンドしてオリジナル健康雑穀米

 

いつものご飯にお好みの雑穀を入れて一緒に炊くだけで、

 

手軽に健康雑穀米を食べることができます。







台湾の家庭料理。夏バテ防止フード緑豆湯




日本と台湾を行き来し、築地場外市場にある『波よけ通りキッチン』主宰

料理家沼口ゆき先生に、台湾のソウルフード緑豆湯の作り方を教えてもらいました!!

暑い時期を乗り越える緑豆レシピです。ぜひお試しください。

◯緑豆湯

<材料>

緑豆  150g(洗って1時間ほど水に浸けておく)

中ざら糖 75g

水  4と1/2カップ



<作り方>

1・鍋に水を切った緑豆と分量の水を加え、沸騰後弱火で25分程茹でる。

 (やや硬さが残っている程度でよい)

2・1にふたをして火を止め、そのまま20〜30分おく。

3・サイド中火にかけ、中ざら糖を3回に分けて加えてひと煮させ、火を止める。



商品名緑豆
原産地ミャンマー
保存方法

直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。

 

密閉容器やジッパー付き保存袋などに入れて冷蔵庫で保存して下さい。

 

長期保存が可能になります。

 

  

 

 

300g 350円(税込)
500g 450円(税込)
販売価格
350円(税込) 〜
購入数
Top